検索
  • orui

相続手続中の銀行手続

 本日は、午前中が相続勉強会、午後は報酬集金業務1件(農地法関係)でした。特に午前中の勉強会は県の行政書士会が主催?後援?となっている為、県内のいたるところから行政書士の先生方が集まって研修・意見交換を致します。私は車で40分くらいですので苦になりませんが、運転が苦手な方なんかは1~2時間のご移動は大変だろうな~と思います。

 さて、本日のテーマは「相続手続における銀行の手続」でした。遺言執行者に就任すれば、当然に大事な手続です。民法改正にともない1014条に第2~第4項が新設され、遺言執行者の権限がしっかりと明記されました。「相続させる旨の遺言」がされた場合、受益相続人が単独で対抗要件を具備するために必要な行為をすることができますが、遺言執行者も受益相続人に対抗要件を具備させるために必要な行為をすることができることを定めています。特に3項を行政書士の実務的に書くと「遺言執行者就任及び遺言執行手続の際は、必ず預貯金債権の債務者である銀行に配達証明を付けて内容証明を送る」。つまり、債権譲渡の債務者対抗要件としての通知をすることが大事という事ですね。行政書士試験の勉強で頭にたたき込んだ記憶が・・(笑)。というわけで、いつ役に立つかわかりませんので、民法の勉強は引き続き頑張ります・・(笑)。カミングアウトしますと、行政書士試験、合格はしましたが、民法の出来が悪かった・・(泣)。

閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

忙しさは理由にならないですが、、ブログの更新ペースが酷いことになってます(笑)。先輩からご紹介頂く仕事は、やはり許認可が多く、その都度、法令確認、運用に関する確認をしているとなかなか時間が・・。またまた久しぶりのブログ更新です。 さて、最近は持続化給付金の代理申請が若干落ち着きまして、古物商許可申請と風営法許可申請が数件重なってましたので、生活安全課の往復、レーザー距離計で計測に行きCADで図面作

タイトル通りですが、持続化給付金について書きます。 ご周知のとおり、新型コロナウイルス対策で国、県並びに市町村でそれぞれの経済対策が行われております。弊所でも、お世話になっている知人やお客様からの直接の依頼、ご紹介頂いた新規のお客様及び同業の先輩のご紹介で、持続化給付金の代理申請を致しました。5月に申請した分は概ね2週間で振込が完了したようです。6月に入ってからの申請は、中2日で振込確認できたお客

本日は許認可申請1件、民事業務1件にとりかかり、事務所での電話対応及び運輸支局申請で、あっという間の1日でした。 許認可業務は、ご依頼から本申請まで3~4か月当たり前の世界なので、、達成感もあるんですが、申請時の受理されるまでの沈黙の時間が、学生の時職員室で先生に説教されてる時間を思い出してしまい(笑)、あまりいい時間では無いです。受理㊞をもらった時の安堵感といったらないですね(笑)。お客様の人生