検索
  • orui

民法884条

 前回は相続開始の原因について書きました。883条は相続開始の場所についての条文ですから、被相続人の住所において開始するとして旧民法から引き継いだもので議論の余地がないのでとばします。

 民法884条は相続回復請求権についての条文です。聞いただけで複雑というか色々な説がありそうな感じです。勉強したところ、解釈は①相続権という包括的地位への侵害からの保護を目的とする権利 ②旧法下の見解で、相続を権限として相続人に帰属する個別の物権的請求権及び対人的権利の集合体 が考えられるようです。①と②で大きく変わってくるのが、原告適格・被告適格の問題だと思います(私見ですが・・)。誰が誰に主張することができるか、その範囲が問題になると思われます。相続人でも無いものが表見相続人として相続を主張する場合、共同相続人の一人が法定相続分(遺言があった場合を除く)以上に主張する場合等、考えられますが、学説では両方の説をとったとしても問題にはならないという考えでバッサリ(笑)。どちらかというと884条は時効期間制限の問題で、相続回復請求権を有する権利者を保護する目的であるならば、5年・20年の期間を排除すべきというものでした。ひととおりコンメンタールを読みましたが、あきらかに訴訟案件の問題なので行政書士の私にとって大事なのは、右記の時効期限を知っていることで足りるかなぁ・・と思い、今日のブログは終わりにします。読書嫌いの上に、国語は萬年アヒルでしたから、コンメンタールを読んでると、朝でも眠くなる・・。今の若い人たちに通信簿のアヒルって表現、わかるんだろうか(笑)。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

忙しさは理由にならないですが、、ブログの更新ペースが酷いことになってます(笑)。先輩からご紹介頂く仕事は、やはり許認可が多く、その都度、法令確認、運用に関する確認をしているとなかなか時間が・・。またまた久しぶりのブログ更新です。 さて、最近は持続化給付金の代理申請が若干落ち着きまして、古物商許可申請と風営法許可申請が数件重なってましたので、生活安全課の往復、レーザー距離計で計測に行きCADで図面作

タイトル通りですが、持続化給付金について書きます。 ご周知のとおり、新型コロナウイルス対策で国、県並びに市町村でそれぞれの経済対策が行われております。弊所でも、お世話になっている知人やお客様からの直接の依頼、ご紹介頂いた新規のお客様及び同業の先輩のご紹介で、持続化給付金の代理申請を致しました。5月に申請した分は概ね2週間で振込が完了したようです。6月に入ってからの申請は、中2日で振込確認できたお客

本日は許認可申請1件、民事業務1件にとりかかり、事務所での電話対応及び運輸支局申請で、あっという間の1日でした。 許認可業務は、ご依頼から本申請まで3~4か月当たり前の世界なので、、達成感もあるんですが、申請時の受理されるまでの沈黙の時間が、学生の時職員室で先生に説教されてる時間を思い出してしまい(笑)、あまりいい時間では無いです。受理㊞をもらった時の安堵感といったらないですね(笑)。お客様の人生